・Apple Store for Education ・Mileage de Free Air Ticket ・ThinkPad series ・AB-ROAD.net

タグ;スイス ブログ 留学

2008年12月04日

がびーん

今日、実験してて気づいたんだけど、

先週一週間分の実験結果、使えなくね?

まったく無駄だった?

そう、

無駄だった。


MM

がーーーん。

こうなったら、

こうなっちまったら、

高川さんのうどんをがっつきに行くか。
ローカル話ですみません)

そのご、トラムデポで

やけ酒だ。


posted by MM at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

近況報告

突然ですが、妻とメイちゃんが日本に帰った。

と、書くとなんだかただ事ならぬ事態の様に聞こえるが、ただの一時帰国です。


僕のほうは、(今回は飛行機に乗り遅れることなく)アメリカでの学会から帰ってきたばっかりです。

学会では、多くの先輩、先生や友人と話すことが出来、パワーをもらいました。

sfn 2008_1.JPG

(左からアメリカ留学してる同期のM君、スウェーデンに留学してる後輩Mちゃん、ヒゲづらのM、3M)

のはずが、スイスに帰ってきたら雪降ってるし、妻とメイちゃんがいないし、

ちょっとウツ気味です。


が、そんな事言ってる暇なく、今日も朝4時から実験です。

家に帰ったらラーメンしか食べてません。

心休まる時がなし。
ヒゲを剃ってる暇もなし。

まじ、まじで忙しい。

posted by MM at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

Kaze×3

家族3人で風邪ひきやした。

しかも3人びっみょ〜に時期をスライディングしながら。。
仲いいんだか悪いんだか。



トップバッターはめいちゃん。
日曜の深夜、突如39℃の発熱。こんなに高熱は初めてだったので夫婦で少し動揺するも、病院からもらっていた解熱剤を使用したら翌日は少し下がったので一安心。それでも37〜38℃台を行ったり来たり。当然週に一回通っている幼児教室はお休み。


月曜の夜中、鼻水と咳がひどくてなかなか眠れなくてぐずるめいちゃんに付き添い看病。


火曜の朝、私、自分でなんとな〜く嫌な予感。。

でもそんな日に限って、のんちゃんはチューリッヒにお泊まり出張。

そんな訳で、この日も一日中一人で看病。
普段は一人でベッドで寝ているめいちゃんだけど、さすがに添い寝。
鼻が苦しくて目が覚めるのか、ちょっと寝てはうごめき、また寝てはうごめき。。
2人とも眠り浅っ、疲労困憊ってな訳で親子2人でぐずぐずモード。


水曜日、スイス初雪☆(←ってかわいく☆マーク付けてる場合じゃないよ、まだ10月だよ、積もったよ、寒いYO!!)
ちょっとやばいかもと思っていたのに、眠れなかった(仕方ないんだけどね)私はもちろん体調悪化、よって発熱、風邪の症状!
久しぶりに来たーっ。そこまで熱は高くならなかったのが救いだった。

この日はのんちゃんが頑張って出張から早く帰って来てくれて、やっとゆっくり少し眠れて‥でも木曜日になってもまだ熱下がらず。


木曜日、仕事から帰って来たのんちゃんが一言「喉が痛い‥」。

その間にめいちゃんは少しずつ元気を取り戻して、母としてはホッと一安心。


金曜の夜、のんちゃん少し症状悪化。


土曜日、私とめいちゃんはほぼ完治〜。あとは鼻水とのたたかひ。

のんちゃん、38℃台をマーク。
そんな中、ちょっとだけ無理をしてみる。

 ↓


日曜日、撃沈。。


彼は現在も風邪菌と戦っております。
頑張れ、のんちゃん!負けるな、のんちゃん!!



私たち最近、ひどい風邪をひいてなかったので、久しぶりにやられたーという感じです。

たかが風邪?されど風邪。
風邪よ、侮るなかれ。

ましてや子供がいての風邪ってこんなに大変なのか‥と今回初めて思いました。
つらいのに、寝れない。。ながびく風邪、もどかしい自分。。

そもそも子供の菌がこんなに強いとは驚きで、まさか自分に移るとは思ってもみなくて。手洗いうがいちゃんとしてるし、鼻呼吸だし〜(え、関係ない!?)、と油断してました。

先週一週間、残念ながら予定はほぼすべてキャンセル(ドタキャンした方々、本当にごめんね!)、家からほっとんど出ませんでした、いや出れませんでした。


天気も悪かったから、逆に諦めがついてよかったのか?という感じだけど、心身ともに凹んだ一週間でした。



風邪とは言え、めいちゃんが熱でふうふうしてたり、鼻水じゅるじゅる言わせてなかなか眠れないのを見るのはやっぱりかわいそうで‥、

のんちゃんもいつもの元気がなくて、さすがにいつもみたいに鋭いツッコミ入れられないし、喉をやられてしまってるので会話もままならないし‥、

自分も元気じゃないと、人に優しくする余裕もなくなってくるし‥、



本当に健康が一番!!



早く3人元気になってくっだらない話でもしながら、散歩にでも行きたいなぁと思った日曜の夜でした。


急に寒くなり出すこの季節、みんなも健康には気をつけてください〜。
posted by MM at 08:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

万感の思い

良い意味でも、悪い意味でも、博士研究員は浪人生と同じ様なものである。

自分の仕事に全力で集中できるが、結果が出なければ来年の職はない。


街中を無重力で浮かんでいる観光客、
無邪気な恋人達。
人に流されないように、自分を信じるために
心の中で「俺は違うぞ」と呟いた。

この気持ち、浪人時代とどこか似ている。

朝夕の新聞配達で予備校代を稼ぐ。
朝、同じ教室で学んだ友人と
夕方、偶然街中で会った時、彼はもちろん予備校生で、俺はなぜか配達員。
「絶対に負けない、絶対目標を達成させてみせる」
そう思った。
配達中、最上階のマンショッンから見た日の出は、
真っ赤に激しく燃えていた。
その太陽を胸の中に押し込めさえすれば、
シャーペンをモモに刺して眠気を飛ばす勉強法も、苦ではなかった。

ここスイスでは
早朝4時の出勤もあれば
夜中4時の帰宅もあった。
誰もいない研究所
家族との時間や健康を削りながら、通いつめた研究所。
エリートじゃないから、根無し草だから、
気合い・体力・根性・努力勝負と思って、
がむしゃらに突っ走って、気づけば2年半が過ぎた。

ボスとの握手
同僚との抱擁
皆からの祝福
妻と二人で飲む、祝・缶コーヒー「ボス」

想像していたこれらの事が、本当に起きた。

あこがれの雑誌に自分の論文がアクセプトされた時、

「俺のやり方は間違いじゃなかった」

そう思えた。
posted by MM at 08:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

スイス☆紅葉の秋

ほーっ。

今日は週に1度の洗濯日。
朝から洗濯機を3回まわし、地下まで干しに行きを3回繰り返し、お散歩行って、やっとさっき午後の昼寝に突入眠い(睡眠)

ホッと一息、アジアンショップで購入したプチあんまんと玄米茶でおやつタイムるんるん

午後から天気もよくなってきて、風も穏やかで、はぁ〜気持ちいい晴れ(←のんちゃんの気持ちいいとはタイプが違います!)
こんな日は、友達と外出の予定でも入れておくんだったーと今更ながらに軽く後悔。が、時既に遅し。


先週の日曜日は思いのほか天気がよくて、バラ公園からアーレ川沿いを散歩してきました。

そこかしこで紅葉してて、ただ散歩に出ただけだったんだけど、何だか得した気分ハートたち(複数ハート)


kouyou1.jpg kouyou6.jpg

バラ公園のソメイヨシノが紅葉してた↑。



kouyou3.jpg kouyou5.jpg

まっ赤だな〜、まっ赤だな〜蔦の葉っぱもまっ赤だな〜♪



kouyou4.jpg

アーレ川の水がとても澄んでいて、美しい風景が見れた。



そしてそんな中、めいちゃんブランコデビューぴかぴか(新しい)
ってたまたまベルト付きブランコがあったので、乗せてみた。

buranko1.jpg



ぽっつーん。





少しよって見ると

buranko3.jpg






さらによって見ると

buranko2.jpg

「何見てんのよぉっexclamation×2


2枚目の写真、のんちゃんから「あ、俺切れてんじゃん」って言われましたが、逆です。ちょっと入っちゃっただけですから(笑)

そういえば友達も言ってたけど、子供が生まれると自分たちの写ってる写真(特にカメラマンの人=私)、激減したなぁ。


ちなみにめいちゃん、今日で満8ヶ月。
おめでとう☆
posted by MM at 00:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

きたーーーー!!

夜9時に実験終了。

Greatな実験結果に思わず興奮してボスに電話。

ボスも興奮。

電話後、1人ルンルンで小便しにいったら、

でたーーーー!!

血尿!!!

瞬間、妻とメイちゃんの顔が脳裏をかすめた。

「かわいそうなオレ、神になりつつあるようだよ」
(ヴェスパシアヌスの辞世の句)



血は少量だったけど、

だったけどさ、

血尿には違いない。


知り合いのお医者さんと、たまたまその後会う予定があったので、早速相談。

ひょっとしたら尿路結石かもって。

前日、腰が痛かったし、排尿時、お○ン○ンも痛かった。

他の可能性も考えられるので、今度小便するときは、
どのタイミングで血が混ざっているのか観察してくださいと。

でも、その観察って難しいよね、血はほんとに少量だから、分かるかなー?

で、家に帰ってフロに入った時に

Good Idea!

スイスの浴槽は基本的に細長で長さが1.5mくらいあり、排水溝にむかってなだらかに傾斜がついている(ちなみに、その浴槽内で体も洗う)。

よって、排水溝に向かって端から小便すれば、血が混じっている箇所を把握できるってわけだ。

さすが科学者でしょ。
(賛否両論?)



シャァーーーー





ああ!

ああぁ!

ぅはぁぁ〜〜〜グッド(上向き矢印)

この、

浴槽内小便

普段なら絶対、ゼーーッタイやってはならない、行為。

まさに

禁断の果実。禁断のバスタブ尿

こ、この感覚は、夢か現実か、

私の全身は、しばしピンクのまどろみに包まれる。

き、きもちぇーなー、これ。
タグ:血尿
posted by MM at 06:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

スイス☆秋の味覚

先週末のことを今週末に書いてみたいと思います。

秋と言えば、



避難訓練

akazukin1.jpg


ではなくて‥


食欲の秋ファーストフード


スイスに来て、食の季節性を日本にいた時より強く感じるようになりました。
その季節にしか食べられないもの、結構多いです。

そこで(私的に)秋になるととっても楽しみなのが、毎度の栗。

そして、なぜかコープで売り出されるぶどうジュース。

grapejuice.jpg

濃厚でしかも微炭酸でおいしい〜ハートたち(複数ハート)
お値段ちょっとお高めだけど秋しか売ってないし‥
と思ってついつい買ってしまいます。


そしてそして、すっごい楽しみなのがかーぼーちゃん♪
しかも日本のかぼちゃ、その名も「Hokkaido」。

先週の土曜日、わざわざこれを買いに(他にも用事があったけど)、早起きして久しぶりに街の朝市に行ってきました。

Markt3.jpg Markt4.jpg

西洋カボチャは普通に近くのスーパーでも買えるけど、基本的にスープ用。煮物にしたり、蒸したりするとすぐべちゃっと崩れちゃうんです。
やっぱりカボチャはほくほくじゃないとね!

なのでわざわざ「Hokkaido」を買いに朝市。他の野菜も買いたかったし、何しろ久しぶりに一人で街に行きたかった(笑)。たまにはこういう時間も必要です。


市場もすっかり秋色になっていました。

Markt1.jpg Markt2.jpg



お花屋さんなんて見ているだけでワクワク幸せな気持ちになっちゃいます☆

market.jpg


この日の夕飯はこれまたこの時期(秋は狩猟シーズン)に売り出される鹿肉の煮込みと市場で買ったHokkaidoで作ったカボチャの茶巾蒸しに。
鹿肉は少し癖があってたくさんは食べれないけど、おいしかったです。

Hirschpfeffer.jpg

カボチャの茶巾蒸しは、皮をむいて種をとったカボチャ(200g)をレンチンか蒸して柔らかくして、熱いうちにつぶしてマヨネーズ大さじ2と粉チーズ大さじ1を混ぜます。
ラップで包んで形を作り、お皿に盛って粉チーズを少しかければ出来上がり〜♪



日曜日は近所?のグルテン山というところに行って来ました。
お天気がよかったので山がきれいに見えました。

Gurten5.jpg


Gurten6.jpg


(ちょっと見えづらいけど‥)向かって左からアイガー・メンヒ・ユングフラウ。

Gurten4.jpg


最近スイスで流行っているのか凧揚げしている人もいました。
あれ?正月?と不思議な感覚に。。

Gurten2.jpg



たそがれる2人。

Gurten1.jpg



今週末はお天気今ひとつ。
テンションあげていきたいのになんだかなぁ。。
おとなしくお家で衣替えでもして過ごします。

あ、でも夕方から晴れて来た〜晴れ

皆さまもよい週末をぴかぴか(新しい)
posted by MM at 00:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

Computation in Cortical Circuits

今度の日曜(21日)から木曜(25日)までスイスのアスコーナというところで開催される小さな学会に参加します。講演者21人、ポスター発表者は40-45人、合計60-70人くらいのclosedの学会です。もちろん僕はポスター発表。

この学会、合宿形式で、寝ても覚めても神経科学。濃密です。

しかも、講演者の顔ぶれが・・・凄過ぎる!

ち、ちびっちゃうよ。

こんな人たちと5日間も一緒に過ごせるなんて・・・、怖い。

勝とうなんて思わない。

負けないように頑張ろう。

いや、今回、勝ち負けじゃないんだけどね。

なんというか、

サンドバック状態にならないよう頑張ろう。

いやー・・・、

穴が開いてボロボロ、にならない程度で勘弁(遠い目)・・・。


と、とにかくだ、生きて我が家に戻ろう。

Ascona2008
タグ:学会
posted by MM at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

元気?

旦那です。

せっかくなので、昨日の記事へコメントくださった

むってぃ〜さんに、返事を書きます。


元気ですか?

と聞かれれば、

げんきは無いです。

私の敬愛するアントニオ猪木が

「元気があればなんでも出来る!」

と言っていますが、

「元気が無ければなにも出来ない」

とは言ってません。

だから、げんきが無くても

出来る範囲のことをしてます。

猪木、最高

benki

あ、ちなみに、

べんきなら、常にあります。
タグ:元気
posted by MM at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

たまには・・・

旦那です。

いま

頑張れよ!

と言われても、

頑張れません。

何かあったわけでも無いけれど・・・。

こんな時もある。

MM
タグ:元気
posted by MM at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

寝る子は育つ?

旦那です。

実験などで朝早くから研究所にいく場合、

娘とじゃれ合うことが出来ない。

めいちゃんの場合、

夜10時には寝て、朝8時過ぎまで寝てる。

よって、

帰りが10時過ぎてると、

もはや寝ている姿しか見れないのだ。


んー

だんだんパパの事を忘れていくんじゃないだろうか?
ちょっと心配です。

それにしてもめいちゃん、

約10時間はベットで寝っぱなし。

その意味では、我々両親は助かってるなー。

それにしてもよく寝る子だ。
ベビーカーにいれてもよく寝るんだよなー。

めい

あれ、おかしい?
扱い方に文句でも?
posted by MM at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

旦那です。

皆様お久しぶりです。お元気ですか?

僕は疲れています。

ボロは着てても心は錦!
スラム上がりでも、心は廃れるなかれ!

なんでもないです。独り言です。


思い起こせば6月10日から僕は書いてませんから、

もう2ヶ月もサボっている事になりますね・・・。

なんというか、

仕事を理由にはしたくありませんが、

本当に仕事が大変でした。


人生を賭けて仕事してました。
(この仕事の成否で人生が変わる,と思いたい)


簡単に書くと、

論文を書いてとある雑誌に投稿したら、
記事参照

それがレフリー(審査員)にリジェクト。

落胆して、絶望して、でも憤慨して、

抗議のメール送ったら、

追加実験の条件で再投稿が認められました。

これはまさに闇夜に光る一筋の光、

スラム街出身者が見た一条の光。

逃してはならない!戦闘モードに切り替え。

追加実験は電光石火ですばやく激しく、

徐々に高まる胸の鼓動。

空前絶後な実験結果に胸ときめき、

アドレナリンが全身の血管を駆け抜け、

心臓の鼓動を全身で感じ、

全開の瞳孔から入射する大量の光で生じる

刺すような頭痛と戦いながら図を作り、

寝ても覚めても論文構成を熟考し、

そしてオンラインの再投稿ボタンを全身全霊をかけてポチッ、

その後無事、心体共に昇天の運びとなりました。

と、途中からヤバイ人になってしまいましたが、

それくらい、

論文再投稿に集中してました。

ここまできたら合否は50%-50%。4週間後には結果でるかな?
(最初は90%で落ちると思ってた)

さぁ、休んでる暇なんてない、

今週からまた忙しいぜぃ!

次いこうぜぃ次!!


あ、ちなみに

スイスでお友達になった方に、

「スラム上がりのMさんにしたら・・・、」といわれた事がある。

うすうす自覚はしてたんですが、僕はスラム街出身だそうです・・・。

いや、まてよ、自分思うに、まだ上がってない。

でもこの論文がでたら、底辺からちょっと上に行ける気がする。
タグ:スラム
posted by MM at 01:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

スイスの産院

最近、本当にあっち〜ち〜あっち〜晴れな日が続いておりますスイスです。

3時頃外を歩いていると、本当に肌が焦げそうなぐらいじりじり。

こっちに来たばかりの頃、スイス人の視線にめげずに日傘をさしていた私も、子供がいる今では自分のことより子供、ってことでもちろん日傘をさしている余裕もなく、外出時にはめいちゃんになるべく直射日光が当たらないように戦ってます。

これがなかなか難しくて、たまに顔に陽が当たると「まぶしいっすよぉ〜、お母ちゃん」ってかなり顔でアピールされます。。
はい、自分の肌を黒くしながら母ちゃんこれからも頑張りまっすexclamation×2


そんな暑い日が続いているベルン、無事にヨーロッパカップも終了し、平穏を取り戻し中。
店では半年ぐらい前から各店頭で盛り上がっていたサッカーグッズの売れ残り商品が、無惨にもワゴンで叩き売りされています。(半額でもいらないっつーの!!というデザインばかりだけど。。)

ヨーロッパカップ中は、ベルンのスタジアムで予選の全試合が行われたオランダファン達で街は大盛り上がりで楽しそうでしたぴかぴか(新しい)
ちょっと人混みが恐くて、試合の日は街に繰り出せなかったけど通りがかりにカメラだけパチリ。

europacup1.jpgヨーロッパカップ中は町中に巨大スクリーンが!


europecup-3.jpg europecup-4.jpg



そしてめいちゃんはというと、何かにとりつかれたかのように飛行機を繰り返す毎日が今も続いています。

おもちゃに夢中で遊んでいる最中にも、急にとりつかれ「シュワッチ」(←言いはしません)と飛行機やったりして笑えます。

hikouki1.jpgこの日は気合いを入れて仲本工事ばりにランニングシャツで猛特訓中exclamation×2


日々のトレーニングの成果は、この腕に表れていますグッド(上向き矢印)


hikouki2.jpg前回の飛行機の写真より、確実に一回り大きくなっている。





前置きがかなり長くなりましたが、今日の本題は「スイスの産院」病院

お友達が日曜日にこちらの病院で出産し、昨日お見舞いに行って来たのですが、日本と違うな〜と思ったことがいくつかありました。


お花プレゼントを持って行ったのですが、まずはそのお花を生ける専用のお部屋があったこと。水道はもちろん、色んな大きさの花瓶が置いてあって、ちゃんとはさみやナイフまで用意されていました。

スイスではお花は生活の一部になっているし、お見舞いでも日本に比べてお花をあげる率って高いのかな〜と思います。空港でお花を持って彼女を待ってる彼、結構普通に見かけます。(えーえー、前回はお花どころか彼もいませんでしたよ。。。一応彼の名誉の為に言っておくとお家に帰ったら花瓶にお花を用意してくれてましたリボン
レストランでもテラス席に座っていると、お花売りがまわってくることもよくある光景。


そして次に違うな〜と思ったのは、病室。私が日本で出産した時に入院した部屋は4人部屋でした。
(病院によるのかもしれないけれど、)私の出産した病院の4人部屋はベッドそれぞれにカーテンで仕切りがされていて、基本的に常にそのカーテンは閉じられている状態。だから最初は同じ部屋なのに、どんな人がいるのかわからなかったなあ。
隣のベッドの人にお見舞いの人が来ても、声だけ聞こえるという感じ。
食事のときだけみんなで集まって食べてました。

それに対して、昨日行った友達の病室も4人部屋だったけれど(カーテンの有無は確認し忘れたけれど)、仕切りは一切無くオープンな感じ。もちろん隣の人がどんな人で、お見舞いに来てる家族もどんな人かわかります。
食事は部屋で食べていました。
部屋にトイレもありました。もしかしたらシャワーもあったのかな?
友達は、出産した当日に「シャワー浴びたい?」と聞かれたそうです。

この病室事情、どっちがいいとは言い難いけど、仕切られているのはプライバシーが守られているという意味では一人になりたい時とかよかったし、逆に仕切りが無いと明るくオープンな感じで、ちょっとお話したい時とかも気軽に話しかけられていいなぁと思いました。


そして今回一番ビックリしたのが、新生児用のベビーカーが廊下に置かれてあったこと。
なんと、入院中に赤ちゃん連れてお散歩オッケーなのだそうですexclamation&question
日本じゃ生後1ヶ月まで外出なんて、まずおすすめされないですよね。
こっちでは、生まれたてほやほやっぽい赤ちゃんを町中で見かけたりはよくするのですが、まさか入院中から外出オッケーとは本当に驚きました。
空気がきれいだからいいのか?日本人とスイス人では身体の作りが違うからか?よくわからないけど、所変わればやり方も色々なんだなと改めてビックリでした。

「上の子がいるから」と出産2日目で退院していくお母さんもいるそうです。本当にタフ。状況的にそうせざるを得ない人もいるのかもしれないけれど、こっちの人はガタイもいい分、基本的にタフです。

日本人は勤勉さとど根性においてはきっとどの国よりもタフだな。。

posted by MM at 17:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

バラ公園

ちいこでっす。

最近日本のような蒸し暑さが続いているスイスです晴れ

日も長くなり、21時過ぎまで外が明るいです。

やっとスイスに「2008年☆夏」がやってきましたぴかぴか(新しい)
でも‥急に暑くなり過ぎです!!
我が家では早くも扇風機くんの登場。



先週の日曜日、暑さの和らいだ夕方から散歩がてらバラ公園に行って来ました。

この暑さの中、たくさんの種類のバラが咲き誇っていました。

rosengarten-1.jpg rosengarten-2.jpg


バラって何でこんなに高貴な感じがするんだろう?
とってもきれいで、見ているだけで何だか元気をもらいましたるんるん

rosengarten-3.jpg rosengarten-4.jpg

「あぁ来週も一週間頑張ろう」そんなことを思った週末でした☆

posted by MM at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

親バカ

旦那です。

突然ですが、

娘がかわいい。

可愛すぎる。


食べてしまいたいくらい、可愛い。

こんな風に・・・。

親バカ

この写真、私の親バカ心を素直に実行したものであるが、

写っている男性は、

別の意味で、

親バカである。


そう、この写真は、

本当の意味での親バカと、別の意味での親バカが混在している。パンとレタスは日常よく我々が食すものであり、その中にいる赤子は、この男性の人生にとってかけがえのない存在である事を示す。赤子とレタス、パンとのこすれあう感覚、体温で生を注入されたパン、赤子の圧力、混合された臭気、本来「静」であるパンと「動」である赤子がおりなす微妙な振動、それらがリアルに感じ取れる、印象的で、忘れがたい作品である。一つ残念な事はこの男性のカメラ目線である。
(論評:MM)
タグ:親バカ
posted by MM at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

なんという事を!

旦那です。私の母からメールが届きました。

2008年4月28日の妻の記事を読んだそうです。

「ブログを見ました。

あなたはなんという事をしたんですか!

xxちゃん(妻)はメイちゃんと、大変な思いで帰って行って

どんな思いで久しぶりの対面を待っていたか?

xxちゃんの事を考えると

本当にあなたにはがっかりです。」

・・・

30才過ぎて、母から叱られるとは思いもしなかった。

というか、失望された?

いいよ別に。


でも
妻とメイちゃんへ
素直に、I’m sorry

ちなみにこの記事の題名は、母からのメールの題名です。
タグ:失望
posted by MM at 04:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

メイ空を飛ぶ、そして離婚危機!?

ちいこです。

そうそう我が家の姫であり、社長でもある娘の名前は「メイ」に決まりましたるんるん

約12時間のフライト、長時間の赤ちゃん連れでの飛行機搭乗は不安でしたが、家族や機内で知り合った方々の協力、皆さんの祈りのお陰で何とか無事にスイスのお家に戻って来る事ができました。


続きを読む
posted by MM at 22:08| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

たくあんと私とカレーの関係はマトリックス

旦那です。

突然ですが、私は、

たくあんが嫌いです。

小さい頃は大好きでした。

それが今は、嫌いです。

たくあん

理由は、

その小さいときに、

自分の顔以上に長いたくあんを、

一人で全部食べたくて、

独り占めしたくて、

食べたくて食べたくて、

冷蔵庫あけて、

封をあけて、

一人でボリボリ食べてました。


で、

食べてるあいだに、なにか奇妙な感覚をおぼえたんです。

なんと表現していいのか・・・、


別の例えで、私の場合小さいとき

「ぬ」を書くのが下手で、

めちゃくちゃ連発で書いていたことがある。

そこでふと、変な感覚にとらわれた。

あれ、これって「ぬ」なの?このシンボルは「ぬ」と発音するんだっけ?「ぬ」と発音するシンボルはこの書き方だっけ?って。

こんな感じで私は「ぬ」を書いてて気持ちが悪くなることがあった。


そう、たくあんをひたすら食ってたら、

「あれ、これってたくあんだっけ?」
「こんな味だっけ?」
「気持ちわる!!」

という体験から、私は今もたくあんが嫌いである。

今思えばこれは、私が「マトリックス」を感じ始めた最初の体験ではないだろうか?
幼いが故に生じる、この世界に対するしょうもない疑問。そこから見えてくる本当の世界・・・。


まーとにかく、

この現象が、また私に起きた。

きっかけは、アメリカからきた友人が持ってきた大量のカレールー

実験が忙しかったからカレーを作って二人で食べてた。来る日も来る日もカレー。

彼が帰ってからも、面倒だということであまったカレールーで、カレーをひたすら食ってたら、

「あれ、これ、カレーだっけ?」
「こんな味だっけ?」
「きもっ!!」

ってまたもや奇妙な感覚に襲われた!


そう、きっとそうだ、

私が目覚める日は近い。


あれ、パソコンの画面がちらついてきた!
matrix

え、私はただの食いすぎ?それともただのイカレポンチ?
(とにかく黒メガネに黒スーツの男に用心しときます)

みなさんもこんな体験あるでしょ?ない?
posted by MM at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

砂糖事件

事の発端は、アメリカから来ている友人が明後日にはスイスを発つというので、

私自慢の

麻婆豆腐をご馳走しようと思ったのがきっかけです。

で、砂糖がなかったので買いに行って、家に入る寸前にハプニング

砂糖の袋を落っことして、

階段に砂糖をばら撒きました。

映像は、その友人が取ったもの。
(ちなみ友人がmovieを撮ってるとは知らなかった。)



破れた袋を見つめる私。

笑いを押し殺してる友人。

砂糖を袋に戻そうとしましたが、思いとどまってやめました。

貧乏人にもある、ちょっとしたプライド


ちょっと言い訳だけど、

家にはビールもなかったので、

寂しいでしょ、ねー?  ビールなしで打ち上げなんて。

だからビールを4本買ってさ、
(ちなみに1本60円)

その上に砂糖を置いて階段登ってたのよ。

そしたらこうなったのよ。



まーなんというか、


友人を大切に思ったが故の、失敗?
(毎度ながら、前向きに生きてます)

何とでも言えよ、ただの言い訳だからさ。
タグ:友人思い
posted by MM at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

言葉にできない

/////////////////////////////////////////
あなたに会えて ほんとうに良かった
嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない

LaLaLa LaLa−La LaLa LaLa LaLa−La
LaLaLa LaLa−La 言葉にできない
/////////////////////////////////////////
作詞 小田和正

CM.JPG

僕は、産まれてきてくれた娘と妻に出会えて、

本当に良かったと思います。

応援してくださいました皆様、我が家を代表して、私がお礼申し上げます。
日本時間2月10日、午前9時24分、

予定帝王切開で妻は元気な赤ちゃんを産みました。

その際、麻酔がなかなか効かず、かなり痛い思いをしたそうですが、

今は妻・赤ちゃんともに元気です。皆様本当にありがとうございました。

baby.JPG
タグ:帝王切開
posted by MM at 22:33| Comment(35) | TrackBack(0) | 日記:スイス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。